【高齢期のフェレット】治療しないという選択【暮らしの工夫】

こんにちは。けろりです。

ペットを飼育していると必ず訪れるペットの老化。そして病気のケア。

現在5歳の我が家のフェレットがまさに今その時期に差しかかりました。

そこで今回は、老齢期のフェレットに私たちができること。

歳をとったフェレットの日々の暮らしの工夫のご紹介です。

目次

フェレットは4歳頃から老齢期に入ります

フェレットの寿命は平均5〜10年。

フェレットを飼育し始めた頃、私はその生態や飼育方法を読みあさりました。

けろり

その時、4歳になったら急に病気になり、医療費がかかるから注意!というのをよく目にしていましたので、覚悟はできていました。

そしてやはり我が家のフェレットも例外ではなく、5歳を過ぎた頃、急に病気が発覚しました。

副腎疾患のケア

我が家のフェレットが患っているのは、副腎疾患。全身の毛が抜ける症状から発覚しました。
後から思えば、やたらと舐めてくるようになったのも病気の前兆?詳しくはこちら。

もともとよく眠るフェレットですが、この頃から放牧時間も気に入った場所を見つけてはずっと眠っています。

先日は抵抗力の低下から膀胱炎になり通院しましたが、幸い今は落ち着いています。

そして我が家は、かかりつけの獣医さんとの話し合いの結果…

副腎疾患に対する積極的な治療は行いません。

けろり

これからは緩和ケアをしながら、病気と付き合っていこうという考えです。

症状に合わせての工夫

↑こちらが我が家のフェレットの現在の住環境です。

この子の日々の暮らしの中で、現在、不自由な点が3つ。そして改善したことは

● ホルモンのバランスの乱れによる過食
食事の見直し。膀胱炎予防を兼ねてのカロリー管理療法食へ移行。

ロイヤルカナン キャットフード ユリナリーS/O ライト
※療法食は必ず獣医さんと相談して与えてください。
【フェレットの膀胱炎】の治療と【病院の療法食】詳しくはこちら。

● 動きが鈍くなった
ご飯とお水、ハンモックを低い位置に。トイレもすぐ横。ケージの下の引き出しを外し、ケージ自体も低くすることで出入りを楽に。

↑ケージの中ではできるだけ動かずに全てのことが済むように。

↑ハンモックの高さを調節するため、100均で金具を買ってきて延長。動線を考えて手前を低くしています。

SANKO B06 ディッシュドリンカー 350
水入れはノズルタイプではなく、お皿型がおすすめ。ガブガブ飲めます。横方向の柵用。

清潔!ガブガブ飲める!こぼれない!【ペット別】おすすめ水入れご紹介。縦方向の柵用はこちらに。

マルカン ワンタッチフィーダー
こちらの餌入れも感動するほどの使い勝手の良さ!ワンタッチではずせて丸洗い簡単!形もコロンとしてて可愛いですよ!

● 脱毛が進み、ほぼ全身に毛がなくなった
薄手のハンモック、暖かい敷きマット共に潜れるものにして、自分で体温の調節をしやすく。

※写真のハンモックは販売終了しています。

SANKO らくサポ ふっくらフロアマット
このマットはフカフカで肌触りも良く、昔からうちのフェレットのお気に入りです。

犬 vs フェレットのマット(通称お布団)争奪戦の動画はこちら。

けろり

なかなか至れり尽くせりでしょ?

年をとったり病気になったり。身体が弱ってしまった時の症状、生活環境はみんなそれぞれです。
いつも一番近くにいる飼い主さんが、その子にあったケアを考えて工夫してあげてくださいね。

最期のときまでずっと一緒に

人間より寿命が短いペットたち。必ずその時は来てしまいます。

悲しいけれど、楽しい時間をたくさん一緒に過ごしてくれたペットたちの最期を看取るまでが飼い主の責任。

けろり

悔いが残らないように、できる限りのことをしてあげたいですね。

のん

いや、しんみりするの早くない?チップ意外と元気だよ?

チップ

え?おやつ?

ペットロスに苦しんでいる方へ 息子の優しさ そして新しい出会い

最後までお読みいただきありがとうございます(*^^*)

意外とかかるペットの電気代。かなり節約できちゃいますよ!詳しくは こちら

我が家のペット用品は、全てチャームさんで購入しています。品数の多さにびっくりしますよ!

チャーム本店
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

哺乳類、爬虫類、両生類、鳥類、魚類、
色々な生き物と暮らしてきました。
中でも犬愛が止まりません。元トリマーです。

今はトイプードル、フェレット、うさぎ、
熱帯魚と
家でのんびり暮らしています。

● Twitter
毎日更新中です。

● インスタグラム
うちの愛犬、フェレット、うさぎが
まだ子どもだった頃、
無邪気に一緒にはしゃいでいた
動画などを載せています。
親バカ全開!!観覧注意です…

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる