【動物の5つの自由】ペット飼育資格セルフチェック!あなたは合格?

こんにちは。けろりです。

動物の『5つの自由』ってご存知ですか?

元は1960年代にイギリスで家畜に対して提唱されたものですが、現在では人間が飼育管理している動物全般に対して補償しなくてはならない動物福祉基準です。

この基準を守れなければ、残念ながらペットを飼育する資格がないと言っていいでしょう。

みなさんもこの基準が守られているか?ご確認のためにもぜひご自分でチェックしてみてください。

スポンサーリンク
目次

動物の5つの自由(The Five Freedom For Animal)

餓え、渇きからの自由(Freedom from Hunger and Thirst)

・健康を維持するために必要なご飯を充分与えられますか?
・いつでも新鮮なお水が飲める環境はありますか?

苦痛、不快からの自由(Freedom From Discomfort)

・暑さ、寒さから守ることができますか?
・身体がくつろげる充分なスペース、環境が確保できますか?
・清潔は保てますか?

痛み、怪我、病気からの自由(Freedom From Pain, Injury or Disease)

・生活環境に怪我をしてしまうような危ないものはないですか?
・病気にならないよう健康管理はできますか?
・病気や怪我、痛みなどがあった場合、適切に治療を受けさせてあげられますか?

本来の行動を表現する自由(Freedom to behave normally)

・動物本来の習性や生態に合わせた行動ができるような環境が用意できますか?
・群れで暮らす動物、単独で暮らす動物、それぞれの習性に応じて飼育できますか?

恐怖、不安からの自由(Freedom from Fear and Distress)

・力や恐怖で支配しようとしていませんか?
・精神的苦痛やストレスにならないように配慮し、守ることができますか?
・もしストレス症状などの兆候が現れたら、適切な対応ができますか?

動物の立場になって考えよう

どうでしょうか。守れそうですか?難しいことではないですね。

動物たちも人間と同じ。これをお読みいただいている方、ご自分自身がされたら嫌なことは動物たちも嫌、苦痛。

ただそれだけ。当たり前のことですね。

ただ、動物たちは人間の生活環境下での自立はできません。

動物を飼育するということは、これらを動物たちにその生涯ずっと与え続けるということなのです。

けろり

その覚悟のもと、この『5つの自由』を守ってぜひ楽しいペットライフをお楽しみくださいね!

暇だからペットを飼う?お世話は大変ですよ!何年も続く覚悟が必要

広めよう!【イエロードッグプロジェクト】黄色いリボンのメッセージ

最後までお読みいただきありがとうございます(*^^*)

意外とかかるペットの電気代。Looopでんきで年間2万円以上も節約に。詳しくはこちら。

 

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

哺乳類、爬虫類、両生類、鳥類、魚類、
色々な生き物と暮らしてきました。
中でも犬愛が止まりません。元トリマーです。

今はトイプードル、フェレット、うさぎ、
熱帯魚、もう成人した息子と、
フルタイムで働きながら、ちょっと慌ただしく
賑やかに暮らしています。

● Twitter
毎日更新中です。

● インスタグラム
うちの愛犬、フェレット、うさぎが
まだ子どもだった頃、
無邪気に一緒にはしゃいでいた
動画などを載せています。
親バカ全開!!観覧注意です…

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる