広めよう!【イエロードッグプロジェクト】黄色いリボンのメッセージ

こんにちは。けろりです。

みなさん、お散歩中のわんちゃんのリードや首輪に黄色いリボンがついているのを見たことがありますか?

どうやらその黄色いリボンにはとても大切な意味があるようですよ。

目次

イエロードッグプロジェクトとは?

実はリードや首輪につけている黄色いリボンには、『人や犬と関わることが苦手です…』という意味が込められています。

飼い主さんが、お散歩中の愛犬の首輪やリードに黄色いリボンをつけることで、周りの方たちに『この子をそっとしておいてあげてください』と伝えているのです。

これは2012年、スウェーデンが発祥のプロジェクトですが、残念ながら日本ではまだまだ認知度が低いというのが現状です。

どうして関わりが苦手なの?

関わりが苦手な理由は犬によってさまざまです。

病気、高齢の犬
病み上がりや怪我のリハビリ中だったり、高齢で体力が衰えてしまっている場合。
トラウマがある
過去に虐待された犬や、怖い思いをした経験があったりして、知らない人や犬へ恐怖心を抱えている場合。
臆病な性格
すれ違う人や犬に吠えたり唸るような犬はしつけが甘いと思われがちですが、臆病な性格ゆえの防衛の場合も。
訓練中
訓練やしつけの途中など、気が散ってしまうと困る場合。

などなど…他にも十犬十色。たくさんあります。

リボンの意味をもっともっと広めよう!

お散歩は多くの犬にとって、大切な楽しみのひとつですよね。

でも、お外は大好きだけど周りとの関わりが苦手な犬もいるということをみなさんに理解していただき、この黄色いリボンの意味を多くの方々に知ってもらいたいのです。

けろり

黄色いリボンをつけたお散歩中のわんちゃんを見かけたら、どうか距離をとって気にせず、そっとしておいてあげてくださいね。

全てのわんちゃんにとって、飼い主さんにとって、もっともっと毎日のお散歩が有意義でかけがえのない楽しい時間になることを願います。

うちの子にも黄色いリボンをつけようかな…と思った飼い主さんは慎重なご判断を。
愛犬の性格や気持ちをよく考慮してくださいね。
特に若い犬にとっては、社会性の成長に大切な犬同士の関わりを奪ってしまうことにもなりますので。


イエローリボンドッググッズはこちらから購入できます。
Yellow Ribbon Dog は、NPO法人 迷子犬の掲示板有志の方々が完全無償のボランティアで運営しています↓

【小型犬の散歩】必ず毎日必要なの?ある獣医さんの意外な回答とは?

【動物の5つの自由】あなたにはペットを飼育する資格がありますか?

最後までお読みいただきありがとうございます(*^^*)

意外とかかるペットの電気代、年間2万円も節約できた方法とは?詳しくはこちら。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

哺乳類、爬虫類、両生類、鳥類、魚類、
色々な生き物と暮らしてきました。
中でも犬愛が止まりません。元トリマーです。

今はトイプードル、フェレット、うさぎ、
熱帯魚と
家でのんびり暮らしています。

● Twitter
毎日更新中です。

● インスタグラム
うちの愛犬、フェレット、うさぎが
まだ子どもだった頃、
無邪気に一緒にはしゃいでいた
動画などを載せています。
親バカ全開!!観覧注意です…

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる