服従心を育てるトレーニングは必要?愛犬の性格を見極めて良好な関係を!

こんにちは。けろりです。

我が家の愛犬であるトイプードルは、私を溺愛しています。

どんなことがあろうと、私には絶対服従!その服従心は世界一!

けろり

と、私は思っています。

のん

思うだけならご自由に…

今回は、犬の服従心について。今まで飼育してきた犬たちとの経験をもとに考えてみました。

目次

子犬の服従心を育てるトレーニング

トイプードルが我が家に来た当時、子犬の服従心を育てるトレーニングというものをどこかで目にしました。

子犬が夢中ではしゃぎ遊んでいる

突然人間が覆いかぶさり、子犬の動きを止める

しばらくそのまま…

子犬は、”人間に自分の動きをコントロールされるのは当然” と思う

解放し、また楽しく遊ばせてあげる


※これをたまに繰り返す。

こんな内容だったかと思います。

我が家でも何回か真似しましたが、飼い主が飽き性のため、ほぼ実行できませんでした。

無意識にトレーニングしていた?

しかし…思えば私は、昔からこのトレーニングを、無意識に毎日のように犬たちに繰り返しているのかもしれません。

愛犬が目の前に来るとつい可愛くて、その自由を奪い、抱きしめ、顔を近づけ、しばらく意味不明な奇声を発しながらスリスリ…

そういえば、みんなちょっと迷惑そうにしていたかも…

また捕まった〜って顔をしていたかも…

けろり

だからうちの子たちはみんな私に服従してくれているの?

のん

そ、それは…えっと…

服従心というより信頼が基盤

冗談 (?) はさておき、正直、私は服従心に特にこだわりはありません。ただ、

●飼い主は、飼い犬の気持ちを誰よりも理解し、守れる絶対的な存在でなくてはならない。
●犬は、飼い主がそばにいれば自分は絶対に安全。守ってもらえると確信している。だから嫌なことも我慢して受け入れる。

そんな関係が理想だと、日々思って接しています。それってどちらかというと信頼が基盤だと思うのです。

人の家庭のみならず、人の心にまですっかり溶け込み、幅をきかせている今の犬たち。

もう群れで暮らしていた頃の『ボス』ありきの犬社会のルールなんて、古い考え方。

群れの関係なんてとっくに超越し、人間と犬は親子…いえ、もしかしたらそれ以上の関係では?とまで思います。

けろり

相棒、分身。そんな言葉の方がしっくりきますね。

決して上記のトレーニングを否定しているわけではありません。
時に野生の片鱗を見せる犬には、綺麗事では済まされないトレーニングが必要な場合もあります。
お互いの平和な生活のために、それぞれの犬の個性を見極めながら接し、育てることが大切です。
まずはよく観察し、愛犬の性格を誰よりも理解する努力を。

犬にナメられないようにご注意を。犬にナメられた新米トリマーの経験談はこちらです。

おやつやおもちゃを隠すのはなぜ?見つかった時の反応でわかる犬の本音。主従関係は大丈夫?

最後までお読みいただきありがとうございます(*^^*)

意外とかかるペットの電気代。かなり節約できちゃいますよ!詳しくは こちら

我が家のペット用品は、全てチャームさんで購入しています。品数の多さにびっくりしますよ!

チャーム本店
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

哺乳類、爬虫類、両生類、鳥類、魚類、
色々な生き物と暮らしてきました。
中でも犬愛が止まりません。元トリマーです。

今はトイプードル、フェレット、うさぎ、
熱帯魚と
家でのんびり暮らしています。

● Twitter
毎日更新中です。

● インスタグラム
うちの愛犬、フェレット、うさぎが
まだ子どもだった頃、
無邪気に一緒にはしゃいでいた
動画などを載せています。
親バカ全開!!観覧注意です…

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる