【シニア期のフェレット】毛が抜けても暖かく【冬の寒さ対策】

こんにちは、けろりです。

我が家にはシニア期特有の病気にかかり、全身の毛が抜けてしまったフェレットがいます。

今は治療と平行に穏やかな生活ができるよう工夫をしながら、日々をのんびり過ごしてもらっています。

フェレットの過ごしている部屋は、一日中エアコンをつけっぱなしにしているので、冬でも室温が24℃はある環境ですが、それでも毛がないと寒いのでしょうね。

放牧時間にはいつも私の服の中か毛布に包まっています。

今回は、そんな我が家の寒がりフェレットの冬の寒さ対策のご紹介です。

※シニア期のフェレットの暮らしの工夫を詳しく紹介しています。ぜひこちら↓もご覧ください。
【シニア期のフェレット】日々のケアで穏やかに【暮らしの工夫】

目次

ハンモックを冬用に

これはごく当たり前ですが、ハンモックを冬用に新調しました。
我が家のフェレットは、全身の毛が抜けてしまった代わりに、下半身に脂肪がかなりついてしまったので、ハンモックの出入り口がガバッと大きなもの限定で探しました。

ペットヒーターを立てかける

もちろん、初めはマットの下に敷いたペット用ヒーターですが…
暑かったのでしょうか…フェレットがペットヒーターを避けてマットの片側に潜り眠っていたため、立てかけておきました。
そこまで?とも思いますが、なにせ心配なので…

けろり

もし急に寒くなったら壁にくっついて眠ってくれるかなっと。

のん

過保護だな…

過保護なくらいでちょうどいい

フェレットって本当によく眠る生き物ですよね。1日の大半をこのケージの中で眠って過ごします。

けろり

だからちょっと過保護なくらいに用意周到にしていた方が、私の留守中も安心ですよね!

フェレットの長い睡眠時間はハンターの証!【仲良し動画】


※我が家のフェレットが使っているヒーターはこちら。

ミニマルランド ほっとうさ暖リバーシブルヒーター 
小動物にはちょうどいい大きさです。ひとつ常備しておくといざというときに安心ですね。

最後までお読みいただきありがとうございます(*^^*)

意外とかかるペットの電気代、年間2万円も節約できた方法とは?詳しくはこちら。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

哺乳類、爬虫類、両生類、鳥類、魚類、
色々な生き物と暮らしてきました。
中でも犬愛が止まりません。元トリマーです。

今はトイプードル、フェレット、うさぎ、
熱帯魚と
家でのんびり暮らしています。

● Twitter
毎日更新中です。

● インスタグラム
うちの愛犬、フェレット、うさぎが
まだ子どもだった頃、
無邪気に一緒にはしゃいでいた
動画などを載せています。
親バカ全開!!観覧注意です…

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる