【チャーム】人とペットにやさしい除菌消臭水 vs ぺっとくりん【レビュー】

こんにちは。けろりです。

私はもう、ず〜っと色々なペットと暮らしています。なのでほぼ盲目的に、毎月チャームさんにお世話になっています。

チャーム(charm)とは
ペット商品取扱数全国トップクラスのペットショップ。
哺乳類、魚類、爬虫類、ガーデニングまで幅広い用品を取り扱っている。
実店舗もあるが、インターネットで用品から生体(主に魚類)まで購入できる。

チャーム本店トップページ


そして、これもまたほぼ盲目的に、何年もリピートし購入し続けている消臭効果抜群の消臭剤。

『人とペットにやさしい除菌消臭水』

こちらを先日購入しようとしたところ、よく似た商品に目が止まりました。

イツカラアッタノ?『ペっとくりん』すっごく似ているけど…どこが違うの?

ということで今回は、チャームさんで購入できるこの消臭剤の魅力。そして両方を購入し、実際に違いを比べてみた結果のご紹介です。

目次

おすすめ消臭剤

まずは、『人とペットにやさしい除菌消臭水』って?って方にご説明です。

こちらは、チャームさんで購入できるペット向けのスプレータイプの消臭、除菌剤です。
(画像後ろは2L詰め替えボトルです)

私は、以前はペットたちのトイレやケージの掃除には、ホームセンターなどで購入した有名どころのペット用消臭スプレーを使っていました。

しかしある時チャームさんでたまたま購入した『人とペットにやさしい除菌消臭水』を使ってからは手放せなくなりました。

けろり

その消臭力に感動!

スプレーした瞬間、塩素臭はするのですが、ペット臭やトイレ臭と共にすぐに消え去ります。

公式サイトの説明によると、この消臭剤は菌や有機物に触れると水に戻るそうなのです。

けろり

だから塩素臭もすぐに消えるんですね!

原料が食品添加物のため、スプレーしたところをもしペットが舐めてしまっても安全。PH調整してあるため、人の手に原液が付いてしまっても安心。

そこが人とペットにやさしい除菌消臭剤ってわけですね。

それぞれの商品の特徴

では『人とペットにやさしい除菌消臭水』と『ぺっとくりん』の比較をするために、それぞれの商品の特徴をざっくりご紹介。それぞれの販売ページの説明を、私のセレクトで一部まとめてみました。

人とペットにやさしい除菌消臭水

●説明
次亜塩素酸ナトリウム・希塩酸(いずれも食品添加物指定品)・水を混合することで希釈・精製された微酸性次亜塩素酸溶液を使用した弱酸性除菌消臭水。
●対象
ペットのトイレや用品のほか、キッチン周り、テーブルなどの除菌、消臭に。
●PH
人やペットの肌と同じ弱酸性。
●成分
次亜塩素酸ナトリウム、希塩酸 (いずれも食品添加物指定品を使用)、水
(チャーム公式サイト参照)

ぺっとくりん(ペット用)

●説明
食品添加物「次亜塩素酸ナトリウム、pH調整剤」及び「水」が主成分の弱酸性消臭除菌水。
●対象
おもちゃ、ベット、マットや車内・室内など、ばい菌や臭いが気になる所に。
●PH
pH6.5前後のお肌に近い弱酸性で万一口に入っても安全。
●成分
次亜塩素酸ナトリウム(食品添加物)、pH調整剤(食品添加物)
(チャーム公式サイト参照)

けろり

ちなみに『ぺっとくりん』にはたくさんの種類があります。
犬、猫、小動物、爬虫類、鑑賞魚、なんと昆虫用まで!
我が家はペット用を購入しました。

で?違いは?

それぞれ書き方は違いますが、やはりとても似た商品に思えます。

けろり

ぶっちゃけ違いがよくわかりません。難しい言葉ばかり並んでいますし…

ただ、ひとつだけ明らかな大きな違いを発見!
それは、

製造元!
前者は 株式会社リーフ
後者は チャーム

と…いう風に、大人の事情で察するべき?

しかし、『ぺっとくりん』には特設の説明ページがあります。そちらでの気になる一文。

ぺっとくりんは、厚生労働省認可の食品添加物「次亜塩素酸ナトリウム、pH調整剤」及び「水」を製造時に高度な技術で希釈混合した、弱酸性の次亜塩素酸水です。 
(チャーム公式サイトより引用)

高度な技術…

けろり

ということは、実は『ぺっとくりん』は、チャームさんの長年の開発の技術とこだわりが詰まった、他社には真似できないスバラシイ商品なのかも!

実際使ってみた感想

ではいよいよ、私が実際にそれぞれを使ってみた正直な感想ですが…

けろり

やっぱりどちらもすごい消臭力!
塩素臭の消え方も同じ!

つまり、私のような素人には消臭、除菌効果の違いは感じられませんでした

ただ、
スプレーボトル
こちらは『人とペットにやさしい除菌消臭水』に軍配が上がりました。
ボトルの中身が少なくなったとき、『ぺっとくりん』はイマイチ吸い上げてくれません。画像でも少しスプレーボトルの構造が違うのがわかりますね。

そして
お値段

スプレーボトル入り500ml
『人とペットにやさしい除菌消臭水』 の方が高い
詰め替え用2L
『ぺっとくりん』の方が高い

つまり、スプレーの質と使い勝手、詰め替えて毎日たくさん使うコスパ。それらを踏まえて、この先も私が選ぶのは…

『人とペットにやさしい除菌消臭水』ということになりそうです。

補足
※『人とペットにやさしい除菌消臭水』と『ぺっとくりん』には消費期限があります。
容器記載の製造年月日から90日
次亜塩素酸は紫外線などの影響で、3ヶ月後に15~20%程度濃度が低下してしまいます。
まとめ買いの際はご注意を!

※この記事はあくまで個人の感想です。

ペット商品取扱数全国トップクラスのペットショップチャーム本店さん。
ホームセンターや近くのペットショップにはない商品に出会えるかも。
ぜひ覗いてみてね!




【ペットたちが遊ぶリビング】掃除簡単!滑らない!【最適な床材】

【ペットの臭い対策】空気清浄機より脱臭機がおすすめ!【フェレットにも】

最後までお読みいただきありがとうございます(*^^*)

意外とかかるペットの電気代、年間2万円も節約できた方法とは?詳しくはこちら。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

哺乳類、爬虫類、両生類、鳥類、魚類、
色々な生き物と暮らしてきました。
中でも犬愛が止まりません。元トリマーです。

今はトイプードル、フェレット、うさぎ、
熱帯魚と
家でのんびり暮らしています。

● Twitter
毎日更新中です。

● インスタグラム
うちの愛犬、フェレット、うさぎが
まだ子どもだった頃、
無邪気に一緒にはしゃいでいた
動画などを載せています。
親バカ全開!!観覧注意です…

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる