【サマーカット】をおすすめしない犬種は?可愛いのになぜダメなの?

こんにちは。けろりです。

夏になると全身をバリカンで短くカット(サマーカット)したわんちゃんをよく見かけます。

スッキリして可愛らしいですよね。

うちのトイプードルは暑さとは別の理由で、一年中サマーカットにしています。

元トリマーの私がトイプードルにはサマーカットを強くおすすめする理由はこちらです

でも…実はサマーカットは犬種によってはデメリットが目立ってしまいます。

今回は、サマーカットをおすすめしない犬種とその理由です。

目次

サマーカットのデメリットは?

まず、もしも全身の毛をバリカンで刈ってしまったら、犬にとってどのようなデメリットがあるのでしょうか。

●体温調節ができない
●皮膚が夏の直射日光にさらされる
●虫刺されや外傷の危険
●バリカンによる肌荒れ など

このように、犬にとってフサフサの毛は、全身を保護してくれる大切な役割があるのです。

サマーカットをおすすめしない犬種って?

いわゆる飾り毛しかボリュームの出ない、本来全身カットが必要ではない犬種です。

以前私はロングコートミニチュアダックスフンドを飼育していました。

その子は当時、毛がパサパサになり絡んでしまい、手入れに困って8ミリくらいの全身バリカンをしていました。

それを見たかかりつけの獣医さんがおっしゃいました。

毛が伸び続ける犬は別だけど、飾り毛だけしか伸びないような犬種の毛を短くすると、毛を元通りに伸ばそうと余計な体力を使って良くないよ。
それに、全身にバリカンをかけたら余計に毛がパサパサになるよ。

確かに。全身にバリカンをかけることにより、毛質が変わったり、毛色が変わってしまったという話はよく聞きます。

中にはもう二度と綺麗な飾り毛が伸びてこなかった…なんて話も。

カットしなくても自然な状態を保てる犬種へのサマーカットは、飼い主さんの自己責任といったところですね。

けろり

真夏、見た目が気になるようでしたら、毛先をハサミでそろえるだけでもずいぶん印象が変わりますよ!

犬も【クーラー病】にご注意!症状は?我が家の予防と対策

最後までお読みいただきありがとうございます(*^^*)

意外とかかるペットの電気代。かなり節約できちゃいますよ!詳しくは こちら

我が家のペット用品は、全てチャームさんで購入しています。品数の多さにびっくりしますよ!

チャーム本店
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

哺乳類、爬虫類、両生類、鳥類、魚類、
色々な生き物と暮らしてきました。
中でも犬愛が止まりません。元トリマーです。

今はトイプードル、フェレット、うさぎ、
熱帯魚と
家でのんびり暮らしています。

● Twitter
毎日更新中です。

● インスタグラム
うちの愛犬、フェレット、うさぎが
まだ子どもだった頃、
無邪気に一緒にはしゃいでいた
動画などを載せています。
親バカ全開!!観覧注意です…

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる