ペットにかかるお金の話 犬は猫のなんと2倍!小動物も意外とかかります

こんにちは。けろりです。

我が家ではトイプードル、フェレット、うさぎを飼育しています。

毎日のお世話の大変さはもちろんのことですが、やはりひっ迫してくるのは飼育にかかる費用問題。

普段気にしていません(しないようにしている)が、アニコムさんが毎年粋な調査をしてくれているので、そちらの結果を。

それからそこに乗っかって我が家のペットにかかっている費用もちょっとだけ考えてみました。

【2020年最新版】犬 猫 うさぎ 鳥 フェレットの飼育費用を大発表! anicom you

目次

犬 vs 猫 年間平均飼育費用

引用元 anicom you

年間費用の平均は、犬が約34万、猫が約16万という結果です。

やはり、犬は猫の倍の費用がかかっていますね。これは納得です。

犬はワクチン、狂犬病予防、フィラリア予防、トリミングなど意外とかかります。

大型犬になると食費や予防薬代もかなり高くなりますし、犬種によっては保険料がグッと上がります。

うさぎ vs 鳥 vs フェレット年間平均飼育費用

引用元 anicom you

年間費用の平均は、うさぎが約8万円、鳥が約6万円、フェレットが約6.5万円。

鳥の治療費が載っています。鳥も病気になった際の病院費用の覚悟は必要ということですね。

それから光熱費が犬猫より高い!これは体温調節が苦手で、個々のペット用ヒーターや、エアコンでの室温管理が必須だからという見解のようです。

我が家の場合

ざっくり考えて我が家のペットたちはみんな、この半分くらいの年間費用でやってくれています。

表はアニコムさん調べなので治療費がかかっている前提の結果ですしね。

それからうちは多頭飼いなので、光熱費がそれぞれにはかからないのも大きいです。

ペットの多い我が家の、節約室温管理。詳しくはこちら。

我が家はみんなでワイワイ質素に暮らしているってことでしょうかね (笑)

大切な可愛いペットたちですが…

けろり

贅沢させればキリがない

ですよね。

愛犬のいざというときに!家計に余裕がないからこその【 ペット保険】

【ペットの電気代】たくさん使って節約大成功!【Looopでんき】

最後までお読みいただきありがとうございます(*^^*)

意外とかかるペットの電気代。かなり節約できちゃいますよ!詳しくは こちら

我が家のペット用品は、全てチャームさんで購入しています。品数の多さにびっくりしますよ!

チャーム本店
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

哺乳類、爬虫類、両生類、鳥類、魚類、
色々な生き物と暮らしてきました。
中でも犬愛が止まりません。元トリマーです。

今はトイプードル、フェレット、うさぎ、
熱帯魚と
家でのんびり暮らしています。

● Twitter
毎日更新中です。

● インスタグラム
うちの愛犬、フェレット、うさぎが
まだ子どもだった頃、
無邪気に一緒にはしゃいでいた
動画などを載せています。
親バカ全開!!観覧注意です…

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる