【NATURECAN】ペット用CBDオイルって?効果は?【レビュー】

こんにちは。けろりです。

みなさん、CBDオイルってご存知ですか?

アメリカなどを中心に流行している、リラックス効果などが期待されるオイルで、てんかんやリウマチなどの治療のひとつとしても注目されています。

けろり

それが犬や猫に与えても同じ効果が得られるそうですよ!

今回は、NATURECANさんより機会をいただき、そのペット用オイルを我が家の愛犬にも体験させていただけることになりました。

まずはその前に、CBDとは?そしてその効果について。調べてみました。

目次

CBD(カンナビジオール)とは

麻植物(ヘンプ)の主に茎、種子から抽出した成分です。
ヘンプは数千年の歴史を持っており、古くから健康のために使われてきました。

ヘンプの花穂や葉には、THC成分(テトラヒドロカンナビノール)が多く含まれます。この成分が俗にいう、「大麻」や「マリファナ」。人を「ハイ」にする成分ですね。そのため花穂・葉の利用は、大麻取締法によって禁止されています。

CBDの効果、効能は?

私たちの身体にはもともと、ECSという機能が備わっています。

ECS(エンド・カンナビノイド・システム)とは、健康で自然な体内バランスを調節する機能です。

そして人間に限らず、動物の身体はストレスや老化などによって、ECSの機能が低下してしまうことが、これまでの研究でわかっています。

このECSが低下している状態をカンナビノイド欠乏症といいます。

ECSが低下すると免疫力が下がり、がんや成人病、アレルギーなどさまざまな病気になりやすくなります。

そこで、それらを改善するサポートをしてくれるのが、CBDなのです。

CBDは、ホルモンバランスの調整、リラックス効果、ストレス軽減、睡眠不足解消、慢性的な痛みの緩和も期待されています。

NATURECAN の CBDオイル

CBDオイルとは、植物油(キャリアオイル)にCBDを配合したものです。舌の裏に垂らしたり、食べ物や飲み物にかけたりして摂取します。

NaturecanのCBDオイルは高品質のCBDとココナッツオイルを配合した、※ブロードスペクトラムです。

※CBD製品は、製造方法により3種類に分かれます。

アイソレート
CBD(カンナビジオール)のみ。苦味はない。
ブロードスペクトラム
CBDの他、ヘンプ植物からのさまざまな成分が含まれる。THCは除去
フルスペクトラム
ヘンプ植物の成分全て含まれる。THCも含まれる

植物には相乗効果があり、植物特有のさまざまな成分を同時に摂取することで、より高い効果が見込めます。

そこがアイソレートよりブロードスペクトラムを選ぶべき理由です。

Naturecan CBDオイルの特徴

品質テスト
BASサイエンスチームは安全で信頼性の高い製品を提供するために、高度な分析手法を用いて高品質で一貫性のある大麻抽出物の製造を努めています。

100%ビーガン
Naturecanのティンクチャーは、天然成分のみを使用し高い水準に基づいて厳選されているためビーガンにも対応しています。

GMOフリー
Naturecanの製品は遺伝子工学の介入なしで製造されているため、遺伝子組み換え(GMO)成分が含まれていません。

THCフリー
Naturecanの全ての製品は第三者機関によるTHC含有量におけるテストを経ており、 LOQ < 0.05%であることが証明されています。

つまり、とても効果的で安全。もちろん合法 。そして純度の高いオイルです。

そして、ココナッツオイル配合のNaturecanのCBDオイルは、CBDの苦味も緩和してくれます。

けろり

まさにCBDオイルの良いところ取りですね!

詳しくは、NATURECAN CBDオイル をぜひご覧ください。

我が家のトイプードルが実食

早速届いたCBDオイルです。

小型ペット用 3%CBDオイル

小型犬に適した、一番濃度の薄いタイプです。

量を測るためのシリンジと説明書も同封されていました。

けろり

説明書の後ろには返品のご案内もありましたよ!信頼のおけるメーカーさんです。

それではいよいよ、我が家のトイプードルに実食してもらいますよ!

まずは強制的にちょっと口に入れてみました。
本来は舌下に垂らすのが効果的のようですが、適当に。(私はアバウトな性格です)
瓶の蓋にスポイトが付いているので、とても簡単です。
この子の体重(3kg)なら1滴からで充分ですね。いつまでもペロペロと残り香を味わっていました。

次の日。食い気味に「早くくれ!」な反応でした。ココナッツオイル配合とのことで、ココナッツオイル好きなこの子にはまさにクセになる味のようです。
与えた後、しばらく様子を見ていますが、特に下痢や嘔吐もなく安心しました。

それからリラックス効果があるということですが…

通常運転ですね… (^ ^;
※この犬は決してオイルで「ハイ」になっているわけではありません。

こちらは天然の植物成分のオイルで安全ですが、上記のような身体に作用を及ぼす可能性のあるものを口にさせる時は少量から。そして、しばらく飼い主さんがよく様子を見ていてあげてくださいね。

犬用のCBD それってなに?どうやって使うの?CBDがわんちゃんにできることとは? Naturecan

高齢のペットや病気の症状の緩和に

幸いなことに我が家の愛犬は今は元気です。なので正直、効果はよくわかりません。

でも、人間より寿命の短いペットたち。必ず年をとり、身体が衰えてきます。

身体のどこかに痛みを抱えてしまうかもしれません。

そんな時、少しでも日々の生活を平穏に過ごすための手助けができたら嬉しいですね。

我が家には現在、老齢で病気と付き合いながら過ごしているフェレットがいます。

【高齢期のフェレット】治療しないという選択【暮らしの工夫】

今はまだ苦痛に耐えている様子はありませんが、辛そうになったらほんの少量ずつ、このCBDオイルを与えてみようかと思っています。

● CBDのペット製品は、主に犬・猫・馬などで開発されています。現状ではそれほど多くの動物での臨床試験は行われていません。そのため、フェレットやうさぎ、その他の小動物にCBDオイルを与える場合は慎重に。
● 薬を処方されている場合は、相互作用を引き起こす可能性があります。必ず獣医師に相談しましょう。

けろり

素晴らしい商品を知る機会を与えてくださった NATURECAN さんに、心より感謝します。

最後までお読みいただきありがとうございます(*^^*)

意外とかかるペットの電気代。かなり節約できちゃいますよ!詳しくは こちら

我が家のペット用品は、全てチャームさんで購入しています。品数の多さにびっくりしますよ!

チャーム本店
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

哺乳類、爬虫類、両生類、鳥類、魚類、
色々な生き物と暮らしてきました。
中でも犬愛が止まりません。元トリマーです。

今はトイプードル、フェレット、うさぎ、
熱帯魚と
家でのんびり暮らしています。

● Twitter
毎日更新中です。

● インスタグラム
うちの愛犬、フェレット、うさぎが
まだ子どもだった頃、
無邪気に一緒にはしゃいでいた
動画などを載せています。
親バカ全開!!観覧注意です…

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる