突然言うことを聞かなくなった犬【反抗期?】騙されてはいけませんよ!

こんにちは。けろりです。

子犬の頃は素直で良い子だった愛犬。

でも最近言うことを聞いてくれないな…わがままになってきたな…って事はないですか?

今回は、犬にも反抗期ってあるの?っていうお話です。

目次

反抗心は自我の芽生え

イングランドの大学の共同研究では、子犬の頃覚えていた「おすわり」が、犬が青年期(生後半年〜1年)に入ると、反応するのに時間がかかるという結果が出たそうです。

つまり、従順だった子犬が、なぜか突然言うことを聞かなくなるのは、自我が芽生える時期に反抗心が生まれるからという事だそうです。

「結局、人間の子供の反抗期と一緒でしょ?じゃあ仕方ないじゃない…」

と、思ってしまいましたか?その考えは危険かもしれません。

大切な時期だからこそ甘やかさない

ちなみに獣医学的には犬に反抗期というものはないのだとか。

犬って賢いんです。自我と一緒に悪知恵も芽生えます。そして飼い主の反応をよく見ています。

のん

●この前こうしたら許してもらえたな…
●こうしたら優しくされたな…
●こうやって牙をむいたら怖がるんだよな…
フフフッ…

けろり

大切な時期の子犬を甘やかせたら、あっという間にこんなずる賢い犬になってしまいますよ!

そして、この考え方は大人になっても自然には治りません。

犬が反抗的になってきても今まで通り、時間がかかっても言うことを聞いてもらってくださいね。

我が家のトイプードルの場合

うちのトイプードルも子供の頃、遊んでいたら突然、私に反抗して牙をむき出しにしてうなってきたことがありました。

私はとっさに、マズル(口と鼻の尖った部分)を持ち、静かに

けろり

今なにした?

と言っていました。

それ以来、うちのトイプードルが私に反抗してきたことは一度もありません。

けろり

のん、偉いね!

のん

けろりの顔…怖かったから…

これはいけない例です。犬には決められた指示語(ノー、イケナイなど)で教えましょう。

こういう時は大声で叱る必要はありません。むしろ冷静に動じない方が効果的です。


※犬は遊びに夢中になって悪気なくうなることもあります。
おもちゃの引っ張り合いでうなる時は?こちらもご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございます(*^^*)

意外とかかるペットの電気代。かなり節約できちゃいますよ!詳しくは こちら

我が家のペット用品は、全てチャームさんで購入しています。品数の多さにびっくりしますよ!

チャーム本店
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

哺乳類、爬虫類、両生類、鳥類、魚類、
色々な生き物と暮らしてきました。
中でも犬愛が止まりません。元トリマーです。

今はトイプードル、フェレット、うさぎ、
熱帯魚と
家でのんびり暮らしています。

● Twitter
毎日更新中です。

● インスタグラム
うちの愛犬、フェレット、うさぎが
まだ子どもだった頃、
無邪気に一緒にはしゃいでいた
動画などを載せています。
親バカ全開!!観覧注意です…

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる